改正電子帳簿保存法




令和4年1月1日より、電子帳簿保存法が改正され、電子取引データのデータ保存が義務化されます!


「電子帳簿保存法」とは、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律です。

今回の改正では、令和4年1月1日以降の「電子取引」に関して電子データで受け渡しした領収証等は、紙でなく電子で保存することが、すべての事業者に求められます。


電子データによる保存は電子帳簿保存法により、「電子帳簿・電子書類保存」・「スキャナ保存」・「電子取引」の

3つに区分されます。 この3つのうち、「電子帳簿・電子書類保存」・「スキャナ保存」は企業の任意で行いますが、「電子保存」についてはすべての事業者に対応が求められます。

令和4年1月1日以降、ネットショッピングの領収証などをWEBサイトで取得する場合は、取引情報を電子データでやりとりすることに該当し、その資料は電子データによる保存が義務付けられます。


 税理士法人 さくら会計では、中小企業のみなさまに電子取引を正確に、効率よく保存するための専用ソフトをご用意して、適法に日々の会計業務のサポートをさせていただきます!

電子帳簿について不安に思われている経営者の方、経理担当者の方、是非一度、税理士法人 さくら会計へお問い合わ

せください! 貴社に最適な経理処理方法をご提案いたします。


電子帳簿保存法Q&A(一問一答)~令和12年3月31日までの保存等に関するもの~|国税庁 (nta.go.jp)

ご参考下さい。



2022年1月18日に開催いたしました、【電子帳簿保存法 実務対応について】のセミナー動画をYouTubeで配信中です!是非ご覧くださいませ(*^-^*)

12月8日 ★電子取引実務対応について★をアップロードしました!

イラスト付きで、電子取引について分かりやすくご説明しています。

動画時間も10分弱とお気軽に見ていただけますのでご視聴くださいませ!

ご質問、不明点ございましたら、

お問い合わせフォームまたはフリーダイヤル 0120-621-361

までお気軽にご連絡ください。

↓↓クリック↓↓