M&A

-スムーズに事業承継を行うために、さくら会計ができること-


中小企業の経営者にとって、事業承継は大きな課題です。

だれに、いつ、事業を承継することはその後の会社経営にも大きく影響します

事業承継は親族内で行われることが一般的ですが、どうしても親族内での

事業承継が難しい場合は親族以外の後継者の確保が大切です。

企業の安定した経営のために親族外承継をお考えの経営者様と向き合い

円滑な事業承継のため、現経営者様との詳細なお打合せをさせていただき

やむなく廃業に陥らないように進めていきます。

事業承継には後継者の候補とともに、会社の経営状況を知ることも大変大事なことです。 会社が保有する財産(不動産・動産・在庫など)や負債を正しく把握して導き出される自社株評価が非常に重要な事項となります。

社歴の長い、継続的に利益が出ている優良な企業では、この自社株の評価が高くなる傾向にありますので現状を早めに把握して、事業承継の前に評価額を下げる工夫も必要です。

税理士法人さくら会計では、自社株の評価はもちろん、会社・個人・相続など将来を見据えたご提案を行っています。

 

まずは、相談だけでも大歓迎です。 M&Aをお考えの際はさくら会計までお問合せ下さい。

 

税理士法人 さくら会計は、中小企業が安心してM&Aについて取り組める基盤を構築するために創設した「M&A支援機関登録制度」の登録事業者です。

下記の【中小M&Aガイドライン遵守】のうえ、皆様の支援サポートを行っています。

 

 

◇中小M&Aガイドライン遵守【中小企業庁】


◇中小M&Aガイドライン遵守を宣言した内容